【節分の日♪】フランスの節分「La chandeleur(ラ・シャンドラー)」とは♪

意外!フランスにも節分の日があった!

こんにちは。

Rouge Roppongi です。

2月に入り、暖かい日が増えて参りました。 心なしか、花粉が飛んでいるような気がしますので、そろそろ対策が必要かもしれませんね。

さて、2月ですが気になるイベントはバレンタインですね! そして2月には、バレンタインより古くから日本に根づいている行事があります。

節分です!

日本では炒り大豆を鬼にぶつけて邪気を追い払い、豆を歳の数だけ食べて1年の無病息災を願います。

実は、フランスにも節分にあたる行事があります。 それが……

La Chandeleur(ラ・シャンドラー) ! シャンドルールシャンデレールとも表記されますが、本記事ではラ・シャンドラーで統一致します。

お洒落な響きですが、一体どんな行事なのでしょうか……。 今回はフランスの節分、La Chandeleur(ラ・シャンドラー)に触れます♪

起源はローマ時代まで遡る!?ラ・シャンドラーの歴史♪

ラ・シャンドラーはイエスキリスト生誕の40日後、2月2日です。 「ろうそくの日」または「聖母マリアのお清めの日」と呼ばれる祝日です。

元々、2月2日はパンの祭りの日で、人々は一晩中たいまつを振りながらパンの神を称えていました。 のちにこの日はキリストを祝う日となり、人々はろうそくに火を灯してローマの街を歩くようになったという説があります。

また、2月2日は聖母マリアがユダヤ教の寺院で出産の穢れを払うため、供物をささげた日とも言われています。

清めの儀式という意味で、日本の節分と似ていますね♪ 更に偶然にも、日本の節分も天体の事情により2025年から2月2日になるという説があります。

全く異なる文化の日本とフランスの節分、実は文化の根本で繋がっているのかもしれませんね♪

意外!?フランスの節分で食べるのはアノ料理♪

さて、このラ・シャンドラーは「ある食べ物」を食べる日です。 一体何を食べるのでしょうか……?

もう、きっと皆様おわかりですね(笑)

クレープです!

冬に暖かい室内で頂くクレープ、美味しいでしょうね♪

しかしなぜクレープなのでしょうか……? 以下のような説があります。

  1. クレープの丸を光の象徴である太陽に見立てていた

  2. 余った穀物を処分する手段

  3. 教皇が巡礼者にクレープを配っていた

多種多様な説がありますね(笑)

ラ・シャンドラーのクレープ、是非現地で、かつリアルタイムで頂きたいスイーツです♪

成功すれば幸運!福を呼び込む儀式とは♪

日本では福を呼び込むために、年齢の数だけ豆を食べます。

フランスにもクレープを食べるほかにもう一つ、福を呼び込む儀式があります!

  1. 左手でコインを握る

  2. 右手でクレープを載せたフライパンを持つ

  3. フライパンでクレープをひっくり返す

当店シェフならば鼻歌を歌いながらできそうですし、家庭料理を嗜んでいる方であれば簡単にできそうですね。 少し不器用な私にはちょっと難しいかもしれません(笑)

この儀式はご自宅で試せますので、挑戦してみてはいかがでしょうか♪

おわりに

いかがでしたか?

フランスのラ・シャンドラーも、日本の節分も邪気を祓い、福を呼び込む日です。 Rouge Roppongiも、良質な料理、質の高いサービスを安価に提供することで皆様の身体、心の健康にお役に立てればと思っております。

皆様と共に過ごす令和2年、心より楽しみにしております♪

#ラシャンドラ #フレンチ #文化 #六本木 #フランス #クレープ #節分

36回の閲覧