フランスのクリスマスの過ごし方

更新日:2021年12月16日

こんにちは。

Rouge Roppongiです。


木々も赤く色づいたものが目立つようになり、すっかり秋本番ですね。

同時に今年も残り少ないことを実感します。



年末のイベントといえばやっぱりクリスマスですよね。フレンチの本場フランスでは、クリスマスシーズンになると1~2週間学校や職場が休みになり、大切な家族とクリスマスを過ごすそうです。今回は、そんなフランスのクリスマスマーケットのことをご紹介しますね。



フランスのクリスマスマーケット


フランスでは街ごとにさまざまなクリスマーケットが開催されます。たくさんの屋台が並んでいる中を食べ歩きをしながら、クリスマスツリーに飾るオーナメントを買ったり、クリスマスイルミネーションを楽しむのがフランス流です。


フランスの屋台で見られる料理をいくつかご紹介しますね。


①アツアツのスープ

本格的に寒くなってきた季節ですから、屋外でいただく熱いスープは格別ですよね。タマネギやバケットをまるごと入れたものが定番のようです。タマネギの甘みと、ちょっと強めのブラックペッパーの相性が抜群です。Rouge Roppongiでも、その日の新鮮な食材を使った「季節のスープ」をグランドメニューにラインナップしています。


②ホットワイン

ホットワインの発祥は実はフランスのクリスマスマーケットと言われているらしく、フランス語では「ヴァン・ショー」と表現します。ただワインを温めただけではなく、シナモン、ハチミツ、レモンなど様々な食材をアクセントに入れるのが一般的です。家庭でも簡単にできるのが嬉しいですね。


③クレープ・ガレット

先日もご紹介したクレープやガレットも、屋台の定番です。東京の原宿でもクレープを食べながら食べ歩きをするように、フランスでも食べ歩きの定番のようです。



おわりに

いかがでしたか?


Rouge Roppongiでは、クリスマス限定のメニューを12月からラインナップします。その料理をいち早く楽しむことができるイベントを11月21日に開催しますので、是非チェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

皆様のご来店心よりお待ちいたしております。



11月21日プレイベントのご予約はこちらから ↓↓↓ https://www.hotpepper.jp/strJ001234188/course/


閲覧数:22回

最新記事

すべて表示