【料理紹介】夏バテ対策に!?肉が主役だ!ボロネーゼ!

知っていますか?ミートソースとボロネーゼの違い


こんにちは。


Rouge Roppongi です。


暑い日が続き、みなさん夏バテ対策はできておりますでしょうか。


この夏を乗り切るのにオススメパスタはボロネーゼです。


こちらはRougeRoppongiで提供しているボロネーゼです。


ボロネーゼと聞いて皆様はどんなものかお分かりでしょうか。


「ミートソースの親戚?」


意外と知らなかったり、説明しづらいかもしれません。


今回はRouge Roppongiで人気のパスタ、ボロネーゼをご紹介します。




1.イタリア生まれのボロネーゼ、アメリカ生まれのミートソース


イタリア北部の街「ボローニャ」がボロネーゼの発祥の地、起源とされてます。


日本で間違えられやすいボロネーゼとミートソース、違いは一体何なのでしょうか。


実はルーツも中身も異なるものなのです。


ボロネーゼはイタリア北部ボローニャの富裕層が隣接するフランスの「ラグー(煮込み )」をもとに肉や野菜、ワインを煮込んで作らせたのが始まりと言われています。


それに対して、ミートソースはアメリカで生まれた日本で育ちました。


実は生まれた場所も違うのです。


では中身はどう違うのでしょうか。


2.肉が主役か、トマトが主役か。


ボロネーゼとミートソースその違い、大きなもう1つの特徴は、肉とトマトの配合量です。


材料は肉と野菜と似ていますがボロネーゼは肉の割合が多く、ミートソースはトマトの割合が多くなっています。


いわばボロネーゼの主役は「肉」、ミートソースの主役は「トマト」なのです。


日本ではミートソースが広く知れ渡り、ボロネーゼという商品名の場合でもトマトの割合を多くしたものを提供しているお店も多いため、よくこの2つは間違われています。

3.おわりに


いかがでしたか?


今回は、ボロネーゼを紹介させていただきました。


RougeRoppongiのボロネーゼはひき肉と香味野菜をふんだんに使い、栄養満点パスタに仕上げてます。


暑くなってきたこの時期、肉が主役のボロネーゼで夏バテ対策してみてはいかがでしょうか。


Rouge Roppongiを通して、毎日の食がもっと有意義なものとなるよう努力して参ります。


最後までお読みいただきありがとうございました。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。



6回の閲覧